カーアクセサリー

意外と簡単!キーレスエントリー交換、登録方法【アトレーワゴン】

どうも、皆様ハロにちわ!

とっつぁんぼうやです。

最近アトレーワゴンのキーレスエントリーの調子が悪いので電池切れかな?と思い、自分で電池交換しようとキーレスエントリーを分解してみました。



キーレスエントリーの電池交換をしようとしたが・・・

まずはキーレスを分解して中身を確認しようと思います!

隙間にマイナスドライバーを差し込み、カバーを分解します。

すると、キーレスの中身が見えてきました。

防水カバーと基盤を外して電池が見えるようにします。

電池が見えたー!電池の型式を確認して交換しま・・・あれ?

ボタン電池が溶接されとるやんけー!

これ無理矢理外したらヤバいやつなんやないかな?

ひとまずネットで検索っと・・・うん、無理矢理外したら高確率で失敗するみたいですね。

しかも、この機種は電池交換のみってのはできず、キーレスエントリーごとまるっと交換

しなきゃいけないみたいですね。しかも、交換費用は8000円らしいです。

これは気軽に交換できんなぁ。何かいい手はないかもう一回調べてみよう。

流用できるキーレスエントリーを発見!

ネットでいい方法がないかと調べたらありました!先駆者達が言うには、ダイハツのムーヴL900S系やテリオスキッドのL700S系のキーレスエントリーが流用できるみたいですね。

というわけで、早速ヤフオクで中古のキーレスエントリーキーを落札してみました!


先程言ったムーヴやテリオスキッドの型式のものでも、どの型式でもいいわけではないみたいです。

写真のようにLOCK,UNLOCKボタンが灰色で、中身が茶色のものを探して購入して下さい!

他のタイプだと、キーレスの基盤を作っているメーカーが違うようで、アトレーワゴンでキーレスエントリーが登録できないようです。

僕が落札したのは、H12年製L900Sムーヴのキーレスエントリーです。

そして、もう一つ必要なのがブランクキー。


ブランキーもヤフオクでよく出品されています。

ブランクキーを鍵屋さんに持っていき、アトレーワゴンの鍵を複製してもらったら、キーレス一体型のキーが作れます!

キーレスエントリー登録

キーレスエントリーを入手できたら、いよいよ車への登録です!

キーシリンダーには鍵を差し込んでいない状態にして下さい。

まずは運転席側を開けます。

1.運転席を開けエンジン部が見えるようにする。

赤で囲っている所あたりに運転席を開けられる箇所があります。

このようなものがついているので、左側のバーを上げれば運転席が持ち上がります。

持ち上げると、このようにエンジン部分が見えてきます。

2.バッテリーのマイナス(-)配線の取外し、取付け

バッテリーはこちらとなります。赤枠部バッテリーのマイナス(-)側を外します。

外す位置はこちらです。

10mmのソケットレンチを使用すれば早く外れます。

赤のカバーがかかっているプラス(+)配線には絶対に触らないで下さい。

 感電や車の故障の原因となります!

マイナス線を外したら、他の配線に当たらないようにして下さい。そのまま30秒程待ち、その後マイナス配線を再度取付けます。

3.キーレスエントリーの登録

まず、すべてのドアを閉めます。

マイナス配線接続後、15秒以内に登録するキーレスリモコンのUNLOCKスイッチを5秒以上押します。

アトレーワゴンは運転席下にバッテリーがあるので、15秒以内にマイナス線を繋げて、ドアを閉めて準備するのはかなり大変です。(;´Д`)

しかし、これ以外に方法はないので、頑張って素早く動きましょう!

UNLOCKスイッチを5秒以上押すと、車からの応答動作として、自動的にロック⇒アンロックと車側のドアロックが作動します。

応答動作後、5秒以内に登録するキーレスリモコンのUNLOCKスイッチを1秒以上押します。

すると、登録完了応答として、自動的にロック⇒アンロックと作動します。

これでキーレスエントリー登録の完了です。

4.2個目のキーレス登録について

2個キーレスエントリーを登録されたい場合は、1個目の登録が終わったら、

登録完了応答後、15秒以内に登録するキーレスリモコンのUNLOCKスイッチを5秒以上押します。

UNLOCKスイッチを5秒以上押すと、車からの応答動作として、自動的にロック⇒アンロックと車側のドアロックが作動します。

応答動作後、5秒以内に登録するキーレスリモコンのUNLOCKスイッチを1秒以上押します。

すると、登録完了応答として、自動的にロック⇒アンロックと作動します。

これで2個目のキーレスエントリー登録の完了です。

手順としては、1個目のキーレスエントリーの手順と一緒です。

ただ、1個目のキーレスエントリー登録完了後すぐに2個目を登録する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やること自体はバッテリーのマイナス線を外して、キーレスを操作するだけですが、連続で失敗せずに作業しないといけないため、かなり緊張感があります。(;゚д゚)

実際、僕がやった場合はマイナス線を戻してキーレス操作したのに、車からの応答動作がなかったのでかなり焦りました。:(;゙゚'ω゚'):

マイナス線を外している時間が短くて、前提条件ができてなかったようです・・・。

そして、バッテリーの線を外すのでオーディオやナビの設定がリセットされてしまいます!

あらかじめ設定を確認し、メモすることをオススメします!

僕はそれを知らずにオーディオの設定がすべてリセットされてしまい、元の設定に戻すのに苦労しました。(´;д;`)

皆様もお気をつけて!ご安全に!

最後までご覧頂き、誠にありがとうございました!







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とっつぁんぼうや

アウトドア、釣り、ガジェット、車、DIYギター、音楽好きのとっつぁんぼうやのページです。 双極性障害、恐慌性障害(パニック障害)を発症し現在療養中。 Occupation to heal oneself(自分自身を治す職業)を信念に、FREE LIFEを実践しています。

-カーアクセサリー
-, , , , , , ,