ガジェット 雑記

【プリンターいらず】スマホだけでアマゾンで試着した服を返品する方法【プライム】

どうも、皆様ハロにちわ!
とっつぁんぼうやです。

先日初めてアマゾンプライムで服を試着してみました!
しかし、服のサイズが合わず返品することになりました。
アマゾンプライムでは試着だけした服であれば返品することが可能です!
だけど、初めて試着する服を返品するので難しいんじゃないかと不安でした・・・。
しかし、プリンターを使わずスマホだけで簡単に返品することができました!
しかも、集荷依頼をすれば運送業者へ足を運ぶことなく家ですべての返品作業ができます!
それではその方法を見ていきましょー!

 

アマゾンプライムで試着した服の返品方法

アプリ・ウェブサイト上での手続き方法

アプリかウェブサイトでアマゾンのトップページを表示して赤枠部の左上の三本線をタップします。

タップするとカテゴリーが表示されるので、赤枠部の「注文履歴」をタップします。

自身が注文した履歴が表示されるので、返品したい商品をタップします。

赤枠部の「返品商品」をタップします。

返品の理由を聞かれるので、返品の理由を選択し次へ進みます。

試着の返品理由はサイズ違いだったりイメージが違うと理由を選択することが一般的です。

次へ進むと「具体的な理由を記入」という項目を記入する必要があります。

具体的に書かなくても返品理由と同じ内容を記入すれば問題ありません。

具体的な理由を記入して「次に進む」をタップします。

返金方法の選択画面に移動するので、返金方法を選択し「次へ進む」をタップします。

返金、返送方法を確認し「返送手続き開始」をタップします。

画面が移動しますので、下へスクロールし赤枠部の「こちら」をタップします。

返送先住所と返品受付IDが表示されるので、返品受付IDをメモします。

プリンターを使わずに返送する場合は、返品受付IDを同梱して返送する必要があるので必ずメモして下さい。

返品受付IDをメモしたら一つ画面を戻し、赤枠部の「着払いでの申し込み」部分のURLへ移動します。

日本郵政のページへ移動します。赤枠部の「こちら」をタップします。

集荷受付の情報記入画面へ移動します。なぜかスマホ対応しておらず分かりにくいです・・・。

必要な情報を記入します。情報を記入後赤枠部の「次へ」をタップします。

記入事項の確認画面に移動します。記入内容に問題なければ赤枠部の「登録」をタップします。

申し込み完了画面に移動します。念の為受付番号をメモしておきましょう。

これで返品の手続きは完了です。

続いて、返品時に必要な情報について説明します。

 

返品時に商品と同梱する必要な情報

必要な情報は下記となります。

  1. 「sp」で始まる番号が付いているバーコード
  2. 返品受付IDを記載したメモ
  3. 商品到着時の梱包に張られているバーコードや問い合わせ伝票番号が印刷された送り状ラベル

1.「sp」で始まる番号が付いているバーコード

商品本体か商品を梱包している袋、または段ボールに貼り付けられています。

2.返品受付IDを記載したメモ

アマゾンで返品手続きした際にメモしたIDです。

3.商品到着時の梱包に張られているバーコードや問い合わせ伝票番号が印刷された送り状ラベル

梱包に張られている送り状です。

以上で返品する際に必要な情報は揃いました。

続いて、返品する商品と情報の梱包方法を説明します。

 

返品する商品と情報の梱包方法

返品する商品の梱包は、届いた商品を梱包していた袋か段ボールを流用しても問題ありません。

「sp」で始まる番号が付いているバーコードが梱包されている袋か段ボールに貼り付けられている場合は、そのまま貼り付けた状態で大丈夫です。

商品に「sp」で始まる番号が付いているバーコードが貼り付けられていた場合は、剥がして梱包内に同梱します。

返品受付IDを記載したメモと送り状は袋に入れてまとめておくと分かりやすいです。

返品受付IDを記載したメモと送り状を返送する袋か段ボールに入れて返品する商品と一緒に梱包します。

これで返送する商品の梱包は完了です。

指定した時間帯に郵便局の方が集荷にくるので、梱包した返品したい商品を渡します。

送り状の記載等は郵便局の方がやってくれたので、特にこちらがすることはありませんでした。

送り状の控えをもらって返品の手続きはすべて完了です!

 

まとめ

この方法さえ覚えておけば、家から一歩も出ずに服を選んで試着することができて自由に返品が可能となります!

アマゾンには有名ではないが、安くて品質のいい服がかなりあるので、掘り出し物を探して楽しいファッションライフを送りましょう!

皆様、最後までご覧頂き誠にありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とっつぁんぼうや

アウトドア、釣り、ガジェット、車、DIYギター、音楽好きのとっつぁんぼうやのページです。 双極性障害、恐慌性障害(パニック障害)を発症し現在療養中。 Occupation to heal oneself(自分自身を治す職業)を信念に、FREE LIFEを実践しています。

-ガジェット, 雑記
-, , , , , , , , , , , , ,