骨伝導ヘッドホン ガジェット

【製品登録方法解説】AfterShokz Bluetooth設定いらずのテレビ用トランスミッター付き骨伝導ワイヤレスヘッドホンレビュー

どうも、皆様ハロにちわ!

とっつぁんぼうやです。

 

以前骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexをレビューさせて頂いたのですが、今回もご縁があり最新モデル「骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッター付き」のサンプルを頂きました!

出荷時に事前に骨伝導ヘッドホンとトランスミッターのBluetoothが済んでいるので、トランスミッターをテレビに接続するだけの超絶便利な骨伝導ヘッドホンです!

それでは早速見ていきましょー!

骨伝導ヘッドホンを購入したい方は下のボタンをクリック

今すぐ骨伝導ヘッドホンを購入する

※AfterShokz 骨伝導ヘッドホン直販サイトへのリンクです

 

骨伝導ワイヤレスヘッドホン(テレビ用トランスミッター付き)開封!

まずは箱の外観から!

テレビ用として作っているので、Aeropexのようなスポーツを意識したような外観ではないですね。

それでは開封していきましょー!

箱の内容は骨伝導ヘッドホン本体、骨伝導ヘッドホン関係の付属品、トランスミッターの3種類の梱包で分かれています。

それでは個別に箱の内容を見ていきましょー!

骨伝導ヘッドホン本体

Aeropexベースなので、見た目はまんまAeropexです。

ベースとなるAeropexと見た目と重量を比較してみましたが、どちらも同じでした。

重量が軽いので、長時間使用しても疲れにくくなっていますよ。

 

骨伝導ヘッドホン付属品

骨伝導ヘッドホンの付属品はこんな感じです!

  • 骨伝導ヘッドホン収納袋
  • マグネット充電ケーブル
  • イヤープラグ(耳栓)
  • 取扱説明書(日本語)

前回レビューしたAeropexとほぼ内容は変わりません。充電ケーブルが2本から1本に減った位ですね。

 

トランスミッター

  • トランスミッター本体
  • オプティカルオーディオ(光デジタル端子)ケーブル
  • AUX 3.5mmオーディオケーブル
  • AUX 3.5mm-RCA変換オーディオケーブル
  • トランスミッター給電用Micro USBケーブル

色々とケーブルが入っていますが、テレビについているイヤホン端子にトランスミッターを繋げば必ず聞けるので、基本的に使うケーブルはAUX 3.5mmオーディオケーブルとトランスミッター給電用Micro USBケーブルのみです。

骨伝導ヘッドホンは充電式ですが、トランスミッターは充電式ではないので、使用時は常時給電する必要があります。

ACアダプターは付属していないので、別途給電用Micro USBケーブル用のACアダプターが必要になります。

 

骨伝導ワイヤレスヘッドホン(テレビ用トランスミッター付き)の主な仕様

防塵防水性能 IP67
バッテリー駆動時間 最大8時間
充電時間 2時間
待機時間 最大10日
重量 26.0g
Bluetooth® Version Bluetooth® v5.0
保証期間 2年

主なスペックはAeropexと一緒ですね。

つまり高スペックで満足のいく骨伝導ヘッドホンということです!

骨伝導ヘッドホンを購入したい方は下のボタンをクリック

今すぐ骨伝導ヘッドホンを購入する

※AfterShokz 骨伝導ヘッドホン直販サイトへのリンクです

 

骨伝導ヘッドホンをスマホにBluetoothに接続させる方法

骨伝導ヘッドホンとトランスミッターは出荷時にペアリング設定されているので、特に特別な設定はありません。

この骨伝導ヘッドホンを別の機器に接続しても問題ないので、今回はスマホを例に設定方法を紹介します。

骨伝導ヘッドホンが電源OFFの状態で「+」ボタンを5秒以上長押しします。

スマホのBluetoothをオンにして「更新」をタップします。

赤枠部のように骨伝導ヘッドホンの名称「AS801」が表示されるので、タップしてペアリングができたら設定は完了です!

 

骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッター付き製品登録方法

AfterShokz製骨伝導ヘッドホンは、2年間の保証を受ける為には製品登録をする必要があります。

ここでは、その製品登録方法について説明します。

まず、下記AfterShokzサイトへ移動します。

https://aftershokz.jp/pages/support

赤枠部の「製品保証」をクリックします。

必要事項を記入して赤枠部の送信をクリックします。

ページが移動するので、右上赤枠部の「製品登録」クリックします。

移動したページで必要事項を記入していきます。記入内容に問題なければ赤枠部をクリックします。

ページが移動すれば製品登録は完了です。

お疲れ様でした!

 

テレビ用以外での使用例

僕は中身を大改造する程のiPod classicヘビーユーザーなのですが、1つ不満がありました。

それはBluetoothが本体に内蔵されていないことです!

有線イヤホンでもいいけど、骨伝導ヘッドホンを使ってiPod classicを使いたかったので、テレビ用骨伝導ヘッドホンのトランスミッターに接続してみました!

骨伝導ヘッドホンをトランスミッターに同期させてiPod classicの音楽を再生するとバッチリ聞こえてくれました!

トランスミッターはアダプターから常時給電されていないといけないので、iPod classicを置く場所は固定されますが、室内を動き回りながら使用しても音の遅延やBluetoothが途切れたりは全くありませんでしたね!

iPod classicの改造が気になる方は下の記事を読んで下さい!

 

まとめ

トランスミッターが充電式ではなくて常時給電しなければいけませんが、テレビ用として使うのであればトランスミッターを持ち歩くことはないので全く問題ありません!

僕は家族が寝た後にテレビを見る時に使っていますが、先程のiPod classicのようにBluetoothがないオーディオ機器も無線で音楽やラジオが聞けるのがいいですね!

骨伝導ヘッドホン自体はBluetoothに対応している媒体であればどれでも使えるので、自分のお気に入りのプレーヤーを無線化できる僕にとっては夢のような商品です!

アイデア1つで色々な媒体で使えると思うので、是非試してみて下さい!

皆様、最後までご覧頂き誠にありがとうございました!

骨伝導ヘッドホンを購入したい方は下のボタンをクリック

今すぐ骨伝導ヘッドホンを購入する

※AfterShokz 骨伝導ヘッドホン直販サイトへのリンクです

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とっつぁんぼうや

アウトドア、釣り、ガジェット、車、DIYギター、音楽好きのとっつぁんぼうやのページです。 双極性障害、恐慌性障害(パニック障害)を発症し現在療養中。 Occupation to heal oneself(自分自身を治す職業)を信念に、FREE LIFEを実践しています。

-骨伝導ヘッドホン, ガジェット
-, , , , , , , , , , , , , ,