部品交換

【DIY】フォグランプ交換~H3をH3aへ改造~【アトレーワゴン】

どうも、皆様ハロにちわ!

とっつぁんぼうやです。

先日投稿した、アトレーワゴンヘッドライト、ポディションランプ、ナンバー灯LED化

交換できなかったフォグランプを交換しようと思います!

しかし、LEDランプを探したのですが、アトレーワゴン君にフィットするLEDフォグランプが見つかりませんでした。

アトレーワゴン君のフォグランプには、ランプの明りを拡散させる反射板みたいなものが設置されており、ランプの先端が反射板に干渉して先端が長いLEDランプが取り付けられません。

ランプの先端が干渉しないものを探したのですが、僕が探した限りではありませんでした。

そこで、今回はハロゲンランプに交換したいと思います!

ほんとはLEDがよかったのですが、見つからないものはしょうがない。(´・ω:;.:...




フォグランプ交換

まずは交換するフォグランプを用意しましょう!


僕が乗っているアトレーワゴン君は、本当はH3aというバルブの型式なのですが、

H3aはめったに売っていないため、今回はH3を購入しました。

H3とH3aの違いは、バルブの台座の切り込みサイズが違うだけです。

H3aが切り込みサイズ6mmに対して、H3は5mmです。

アトレーワゴン君のH3のバルブを取り付けるためには、切り込みサイズを

ヤスリ等で5mmから6mmに削れば使用できるということになります!

ただし、推奨されてている作業ではないので、作業をする際は自己責任でお願いします。

フォグランプ交換

まずはハンドルをきって、タイヤハウスの作業スペースを広くしましょう!

フォグランプの裏側のプラスチックカバーを半分外します。

少し見えづらいですが、奥の赤丸部にクリップを外します。

そして、プラスチックカバーがフロントバンパーに引っかかっているので、

そこを外せばプラスチックカバーが外れていきます。

プラスチックカバーを外すと、フォグランプが見えました!

防水カバーを外して、バルブを外します。

右が外したH3aバルブで、左がH3バルブです。

これから台座の切り込みを削っていきます!

失敗したらその時はその時で!(゚д゚;)

削りました!ただ、削る前の写真と削った後の写真の箇所は違いますが・・・。(ノД`)

後は、外した逆の手順で復旧するだけです!

切り込みの加工ですが、僕の場合は削って問題なく取り付きました!

昼間に作業したので、夜になるのを待って点灯チェェェェェックです!

問題なく点灯しました!が、ヘッドライトとは違う色になりましたね。

フォグランプもかなり明るいのですが、個人的に色味が違うのが気になりますね。(;^ω^)

まとめ

今回の作業は問題なく完了しましたが、色味が違うのが気になって仕方ないです!

いっそ黄色とか全く違う色味にしたほうがいいとかいな。

そして、今回は前回とは違い、バンパーを外さずに交換しました。

バンパー外さずに作業すると時間がかかるかなと思いましたが、あまりかからなかったです。(゚д゚;)

改めて作業時間の確認をして、作業時間の一覧を作ったほうがいいかもしれませんね。

皆様、最後までご覧頂き誠にありがとうございました!







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とっつぁんぼうや

アウトドア、釣り、ガジェット、車、DIYギター、音楽好きのとっつぁんぼうやのページです。 双極性障害、恐慌性障害(パニック障害)を発症し現在療養中。 Occupation to heal oneself(自分自身を治す職業)を信念に、FREE LIFEを実践しています。

-部品交換
-, , , , , , , , , ,