アウトドアギア

【テントやタープに】ホームセンターで手に入る工事用ペグを塗装してみた【強くて安い】

どうも、皆様ハロにちわ!

とっつぁんぼうやです。

最近、本格的にキャンプやアウトドアを始めようと思い、色々とギアを集めているのですが、テントやタープに付属しているペグが思いのほか強度が弱く、強風に煽られたら外れそうになります。

アウトドアメーカーのしっかりとしたペグを購入しようと思い立ったのですが、これが意外と高いもんなんですよね。丈夫でかっこいいペグを買いたいけど先立つものがない。(;´Д⊂)




安くて丈夫なペグ探し

そんな時は、僕らの味方ホームセンターに行けば何かあるやろ!という安直な考えのもと、ペグの代用品になりそうなものを探しました。すると、工事用品コーナーに作業スペースを区画したりする工事用のペグを見つけました!しかもアウトドアメーカー品と比べてかなり安いです!工事現場で使うプロ仕様なので、強度的には全く問題ないだろうと思い、早速購入してみました!

6mm×200mmのペグと、この写真には写っていませんが10mm×300mmのペグを購入しました!

6mm×200mmは通常のテントとタープ用です。10mm×300mmはタープのメインガイロープ用として購入しました!

いやぁ、いい買い物したなぁ・・・。やけどこのまま使ったら、モロ工事現場用のペグだと分かってしまうので、ホームセンターに行ったついでに塗料スプレーも買って塗装してみることにしました!

工事用ペグの塗装前準備

購入したペグを触ってみると、油っぽい感じがします。油が残っている状態で塗装したらすぐ剥がれてしまうので、まずは油を中性洗剤で洗ってみました!

ちなみに、上の写真のペグが10mm×300mmのものとなります。けっこうでかいです!

油がとれているはずなのですが、まだ残っている感じがするので、60℃程度のお湯につけながら中性洗剤で洗ってみました。

いい感じにとれてきたよー!しかし、冷静に考えると60℃のお湯って熱いですよね!ペグに熱が伝わって熱いわ、お湯自体も熱いわで洗い終わる頃には手が煮えてしまったんじゃないかって位熱くなっていました。(゚д゚;)

そんなこんなで、すべて洗い終わりました!

ペグがつるっつるになってくれました!洗い終わったら、拭きあげてしばらく乾かします。

これで、塗装準備は完了です!

 

工事用ペグ塗装

ペグを置いて塗装する箇所に、段ボールや新聞紙など養生できるものをしいてペグを並べます。

準備ができたら、塗装スプレーでまんべんなくペグを塗ります!

一度塗りだと、完全には塗装がのらないので、二度から三度塗りしたほうがいいですね。

塗装し終わったものがこちらとなります!

うーん、真っ赤!実は、某有名アウトドアメーカーからインスピレーションを受け、リスペクトしてみました!・・・すいません横文字が使いたかっただけです。簡単に言うと真似ました。(゚д゚;)

塗装が終わったら、1日乾かして作業完了です!

塗装が仕上がったものがこちらになります!

きれいな赤色に仕上がりました!とても現場工事用のペグとは思えません!

色も明るいので、ペグにつまづいたりすることはなくなるでしょうね。

 

まとめ

工事現場用のペグは、塗装するとアウトドアメーカー品にも負けない立派なペグになる!

塗装というひと手間加えるだけでこんなに見違えるものなんですね。

これから使っていくのが楽しみです!

皆様、最後までご覧頂き誠にありがとうございました!







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とっつぁんぼうや

アウトドア、釣り、ガジェット、車、DIYギター、音楽好きのとっつぁんぼうやのページです。 双極性障害、恐慌性障害(パニック障害)を発症し現在療養中。 Occupation to heal oneself(自分自身を治す職業)を信念に、FREE LIFEを実践しています。

-アウトドアギア
-, , , , , ,