キッチンカー

【S321G】ルームランプとブレーキランプがつかない時の対処法【ヒューズ切れ】

どうも、皆様ハロにちわ!

とっつぁんぼうやです。

先日、急にアトレーワゴンのルームランプがつかなくなりました。

そして、なぜかブレーキランプもつかなくなっているではないですか!

対処法を調べたところ、どうやらヒューズ切れが原因ではないかということが判明しました。

というわけで、今回はルームランプやブレーキランプがつかなくなった時のヒューズ交換方法をご紹介したいと思います!

早速見ていきましょー!

 

必要な材料

まずはヒューズです!

created by Rinker
エーモン(amon)
¥328 (2023/01/30 16:00:56時点 Amazon調べ-詳細)

続いて、ヒューズを外すためのラジオペンチを用意しましょう!

準備ができたところで早速作業していきましょー!

 

ルームランプ、ブレーキランプヒューズ交換

まずは運転席側のシートを倒してエンジンルームを開けます。

赤枠部のヒューズボックスが見えるので、カバーを外してヒューズが見えるようにします。

赤枠部のヒューズを外します。

写真で見て分かる通りヒューズが切れてますね。

ヒューズが切れた箇所に同じ向きにヒューズを取り付けます。

ルームランプとブレーキランプが問題なくついたら、ヒューズボックスカバーを取り付けます。

これで作業は完了です!

お疲れ様でした!

 

まとめ

突然ルームランプやブレーキランプがつかなくなったら焦りますよね。

ランプが突然切れる原因は、ランプ切れもありますがヒューズ切れによって付かなくなるパターンもあるので、焦らず確認することが重要です。

皆様、最後までご覧頂き誠にありがとうございました!

created by Rinker
エーモン(amon)
¥328 (2023/01/30 16:00:56時点 Amazon調べ-詳細)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とっつぁんぼうや

アウトドア、釣り、ガジェット、車、DIYギター、音楽好きのとっつぁんぼうやのページです。 双極性障害、恐慌性障害(パニック障害)を発症し現在療養中。 Occupation to heal oneself(自分自身を治す職業)を信念に、FREE LIFEを実践しています。

-キッチンカー
-, , , ,